スペシャルコンテンツ

TOPスペシャルコンテンツ

コンテンツ紹介

小田原駅東口図書館にゆかりの深い文化人や作家の方々へのインタビューやレポート等を掲載していきます。

お知らせ

インタビュー

須藤館長インタビュー


2021年に小田原駅東口図書館で開催した「すどう美術館コレクション展」。また、「もあ展」でも大変お世話になったすどう美術館館長の須藤一郎さんにお話しをうかがいました。

東大法学部を卒業され、保険会社でも順調なサラリーマン生活を送られていた須藤館長が、どうして美術にのめり込んでしまったのかを知りたいです。まずは、美術とのかかわりを教えてください。

須藤:小学生の頃、通信簿の図画の成績が「良上」だったのがコンプレックスになりました。

良上でコンプレックス?

須藤:他がすべて優だったので(笑)でも負けず嫌いの性格でしたので、中学生のときにはがんばって絵のうまいグループに入れられて、賞も取ったりしたのですが、絵を描くことは嫌いでしたね。その後大学は法学部で、会社でも人事部、企画部の仕事で美術とは無縁の生活を送っていました。多少美術とかかわるようになったのは結婚後で、妻の実家で大手印刷会社の下請けとして世界の名画の複製画を作っていて、そこからもらってきて家に飾ったり近所に配ったりしていたのですが、それを観ているうちに実物が欲しくなって、花や風景の絵を少し買ったりしていました。

まだ現代美術ではなかったのですね。

須藤:そうです。現代美術との出会いは、今から40年前の1982年に、たまたま妻の親戚の近くにあった池田20世紀美術館に行ったときです。そこで菅創吉の絵に出会いました。名前も聞いたことのない画家の絵でした。最初の印象は、形があるようなないような暗い絵で、「こんなのが絵なのか」と思っていたのですが、見終わる頃には、180度考え方が変わり、メルヘンとかユーモアとか温かみを感じ、菅創吉の絵に対する姿勢、人生に対する姿勢も伝わってきて、「こういうのが本当の絵かもしれない」と思うようになり、すぐに作品が欲しくなって美術館の館長の部屋に行き、「この人の絵が欲しい」と伝えました。すると館長は、「それはいいことです。すぐにお持ちなさい。お金はいつでもいいです。」といわれました。

絵が欲しいと思って館長をすぐに訪ねる須藤館長の行動力もすごいですが、美術館の館長の対応もすごいですね。

須藤:買ったのは館長室にあった絵で、大きさは8号で当時48万円でした。何も払わないわけにはいかないので、妻と手持ちのお金を数万円置いてきました。実は菅創吉が2、3日前に77歳で亡くなっていて、館長が葬儀委員長をされ、お葬式が終わったところらしいんです。ですから私は菅創吉には一度もあったことがないのですが、菅創吉の絵との出会いには運命を感じました。家に帰って絵を家に飾ったときの感動は忘れられません。これがすべての出発点です。それからこの作家の他の作品も見たいと思い、姫路市と神戸市の美術館に作品があると聞き、すぐに見に行きました。また大阪、東京に1か所ずつ取り扱う画廊があることがわかり作品を買い増ししました。画廊には他の作家の現代美術作品もあり、気に入った作品を買うようになり、作品がだんだん増えていきました。

何点くらい買われたんですか。

須藤:寄贈いただいた分を含め今は700点以上収蔵しています。

それはお金が大変でしたね。

須藤:二人の子どもが何か買いたいとか、どこかへ行きたいとかいっても家にはお金がないからといって断っていたので、子どもは不幸せでした(笑)妻とは考えの違いも多くありましたが、絵を買うことには反対されませんでした。私は絵を買う時の心境を「真剣勝負の衝動買い」といっています。

美術館を始めたのはどうしてですか。

須藤:絵に囲まれる生活を送るようになってからは、「絵の役割とは何か」ということを考えるようになりました。絵は買うたびに感動があります。その感動を知ってほしいと思い、いろんな人に見てもらうべきと思いました。1990年に町田市の自宅を開放して、集めた絵を2ヶ月ごとに掛け替えて見ていただくことを始めたわけです。絵を見ていただくので、美術館としました。まだ会社勤めをしていたので、開館したのは木金土日で、仕事が終わってから夜中まで絵の掛け替えをすることもありました。サラリーマンが自宅でへんなことを始めたというので、少しずつ話題になり地方紙からも取材がありました。美術館では発表の場がない作家の展示や講演会や講座も行ったりしました。菅創吉についてはデッサン集などを作ったので、それを持って公立の美術館を回ったりしたのですが、美術の学歴もなく、賞歴もない菅創吉を取り上げてくれるところはありませんでした。そんな中、妻と資料を持って行ったNHKの日曜美術館のエグゼクティブディレクターが、菅創吉に強い関心を寄せてくれ、取り上げてくれることになったんです。日曜美術館で40分放映されると、すぐに飛び込んできた人もいましたし、電話はなりっぱなしで、全国から2ヶ月で2,000人を超える人が来ました。事件でした(笑)NHK側でも田中一村の放映以来の反響だったそうです。

まだサラリーマンを続けていたんですよね。

須藤:そうです。それで62歳で会社を終わることになり、美術館も8年やったので終わりにして、これからは海外旅行に行ったり、好きな本でもゆっくり読んだりして過ごそうと思っていたのですが、周りの人がそうはさせてくれなかったんです。ただ家で美術館を続けるには限界もあって、新たに場所を探していたときに、人から紹介があって、銀座に50坪のギャラリーを開設しました。

50坪!銀座にしてはすごく広いですね。

須藤:清水の舞台から飛び降りました(笑)会社組織にして10年ほど運営いたしました。美術を身近に感じてもらうために、定期的な演奏会、演劇、落語なども行い、絵を見に来られない人のために、出前美術館と称して、北陸をはじめいろいろなところにコレクションの作品を持参し、絵を見てもらうこともしました。また「若き画家たちからのメッセージ」展の名で、すどう美術館賞を設けて作品を買い上げたり、個展の場所を提供したり、また、海外留学制度を制定したりと、若い作家の支援なども積極的に行いました。資金繰りは大変でしたが、周りの人にも恵まれていい経験でした。

それから小田原に活動の場を移されたのですね。

須藤:2007年の夏に縁あって小田原市に移り住み、ここでも自宅を美術館として開放しました。国内外のアーティストの支援を目的とした「アーティスト・イン・レジデンス」の活動や「東日本げんきアートプロジェクト」を設置、東日本大震災後の被災地での活動なども行ってきました。2021年1月には、小田原での美術活動に対し、小田原市民功労賞をいただきました。美術で評価されたのはとてもうれしかったです。

すどう美術館が入場無料だったり、集めた絵は販売しなかったり、作家に資金提供して見返りを求めなかったり、一貫して思うのは、須藤館長の美術愛は無償ですよね。

須藤:私はいわゆる美術コレクターではありません。絵を転売するなどの目的があって絵を買っているわけではありません。コレクションも作家が有名であるかないかもまったく関係ありません。絵は心の糧であって、美術をより多くの人に知ってほしいという思いから活動をしているので、お金のためではないのです。お金はあった方がいいですけどね(笑)

須藤館長がよくいわれる「アートは心のごはん」について教えてください。

須藤:菅創吉との出会いから始まり、美術とのかかわりを通して、アートは人が生きていくうえでなくてはならないものという思いが強くなりました。それを当初、「アートは心の糧」といっていたのですが、出前美術館で小学校に行った際、1年生から6年生を前に話をする機会があり、「アートは心の糧」という言葉では少し難しいかなと思い、「アートは心のごはん」と小学生でも親しみやすい言葉に替えました。「身体にはごはんが必要でしょう、同じように心にもアートというごはんが必要なんだよ」ということです。話を聞いた方からは、心に沁みたという感想をもらいました。同じように本も心のごはんですよね。

その通りだと思います。須藤館長には今後も図書館に関わっていただきたいと考えていますが、これからについて教えてください。

須藤:子どもの頃は学校の先生とか小説家になりたかったのですが、大学で非常勤講師をすることができましたし、小説ではありませんが本も出版できたので、思い残すことはないんですが(笑)、これまで多くの人との出会いに支えられてきました。「人生は出会い」です。これからも人間関係を大切にしながら、私自身は最初にお話したように絵を描くのはできませんので、文章や講演会などを通して、美術は人生に必要だという思いを伝えていきたいと思っております。コレクション展や私がかかわった作家の展覧会も引き続き行う予定です。


■著作『須藤一郎と世界一小さい美術館ものがたり』(多摩美術大学美術館)の小田原市立図書館の在庫を確認する
プロフィール

須藤一郎(すどういちろう)
1936年2月東京生まれ。東京大学法学部卒。
大手保険会社に勤務しながら現代美術を蒐集し1990年自宅を「すどう美術館」として開放。1996年NHK日曜美術館に出演。1998年銀座に「すどう美術館」開設。2007年小田原市に「すどう美術館」を移す。2020年多摩美術大学美術館で「須藤一郎と世界一小さな美術館物語」展開催。2021年小田原市民功労賞受賞。美術に関する講演会実績多数。



最勝寺朋子さんインタビュー


食品ロス問題をテーマにしたデビュー作の絵本『しらすどん』(岩崎書店)を2021年に刊行。2022年に小田原駅東口図書館にて原画展と講演会を開催し、好評を博しました。取材のため実際にシラス漁に行くなど、アクティブな最勝寺さんにお話しをうかがいました。

どんな子ども時代を過ごしましたか?

最勝寺:子どもの頃、近所には田畑がたくさんあって、友達と用水路で探検ごっこをしたり、田んぼでオタマジャクシを捕ったりして遊んでいました。

外遊びの多い活発なお子さんだったのですか?

最勝寺:家の中で絵を描いたりもよくしていましたね。両親がいない時に預かってくれた知り合いのおばさんに「ハサミの使い方が上手ね~」とほめられたのがうれしくて、工作も好きでした。

どんなものを作っていたのですか?

最勝寺:小学生の頃、硬貨を転がすと種類ごとに穴に落ちる貯金箱を作ろうとしたのを覚えています。結局10円と100円が同じ穴に落ちちゃったりしてうまくできなかったんですけどね。あと、ピアノを弾くのも好きでした。保育園にピアノの先生が来る時間があったので習い始めて、高校受験に集中するためピアノ教室を辞めるまで、ほぼ毎日練習していました。

今もピアノは弾きますか?

最勝寺:祖母が若い頃に中古で買ったピアノが今も家にあって。大して上手くないですが、絵を描く前や仕事の気分転換にたまに弾いたりします。好きなドビュッシーの曲の前に、指の運動のためにハノンのピアノ教本を何曲か続けて弾こうとしたら、その時点で腕がパンパンになっちゃって、「ダメだ!絵が描けなくなりそう!」と思って終わりにすることもあります。

疲れませんか?

最勝寺:なんかそれが気持ちいいんです。子どもの頃はただ鍛錬だと思って弾いていたのですが、大人になってからハノンがいかに練習する人の成長を考えて作ったのかを知ったり、意外と曲に情緒があると気付いたりしてからは違う意味で弾くのが楽しくなりました。今はちゃんと毎日練習しているわけではないので、筋力が追い付かないですけどね。

学校生活はどうでしたか?

最勝寺:虫をじっと見ながら気持ちを考えたりするような、私の変わったところも認めてくれた先生や、興味を持って調べたことや練習したことを表現する場を作ってくださった先生方がいらっしゃって、友達とおしゃべりするのも好きだったので、学校へ行くのが好きでした。もちろん、交友関係で悩んだり先生に叱られたりした日もありましたが、同居する祖父母から戦争や家の都合で勉強できなかった昔話を聞いて育ったので、小学生の頃から、自分が学校に通える境遇にあることをありがたいと思っていました。授業の中で初めてのことを知り、理解できることにはいつもワクワクしていました。逆に夏休みになると退屈で、「早く学校始まらないかな」と思っていましたね。

そういう子もなかなか珍しいですね。部活はどうでしたか?

最勝寺:中学校では吹奏楽部でクラリネットを担当しました。マーチングの大会に向けて行進やフォーメーションの練習もありました。大会の曲の中で、私だけ横へ1歩1mくらいの大股で進まないと次のフォーメーションに間に合わないところがあって、演奏しながら移動するのは笑っちゃうくらい難しかったのですが、先生が自分に難しいことを任せてくださったのが嬉しくて、今でもそのメロディーを覚えていたりします。高校ではソフトボールに挑戦しました。実はその頃50mを走りきれず転んでしまうほどの運動音痴でした。野球を見たこともあまりなかったので、人が走るスピードとボールを投げるスピードとどっちが速いか分からなくて、最初の頃の練習で、外野から2塁に送球する際、投げずに走って持って行っちゃったりしました。

周りの部員の人たちはびっくりされたでしょうね…。なぜソフトボールを選んだのですか?

最勝寺:同じ中学出身の友達が誘ってくれたからです。無謀にも、仲の良いその子と楽しく球を追いかけたら運動ができるようになるかも…と思いました。ほかの部員のみなさんは、一人だけ運動能力が著しく低い私のこともあたたかく励ましてくれました。放課後練習の後ひとりでグランドに残って走る練習をしていたら野球部の顧問の先生が走り方を教えてくれたりして、1年生のうちになんとか人並みに走れるようになりました。運動部のレベルではなかったと思いますが…。

小・中・高と充実した学校生活を送られていたようですね。進路はどのように決めましたか?

最勝寺:高校入学当時は美術系の大学への進学を視野に入れていたので、1・2年生の時は文系クラスにいたのですが、環境問題について関心が高まり、先生に頼み込んで高3から理系クラスに変えてもらいました。文系から理系へ変えたいという生徒はなかなかいないらしくて、先生方を困惑させてしまいましたが…。

あんまり聞かないですもんね。何かきっかけがあったのですか?

最勝寺:地元の宅地化が進んで原風景が失われていったこともあり、小学生の頃から人間の活動が自然環境に与える影響について興味がありました。ただ、もともと理数科目が苦手だったので、環境のことを大学で勉強する自信はなかったのですが、高校の生物の先生の授業が楽しかったことが背中を押してくれました。瓶の中に入ったハエを3世代育てて最初の番いの遺伝子を予想する課題とか、いろんな実験を経験させてもらえたことで私でも実感を伴って理解しやすかったのだと思います。
特に苦手だった数学も世の中のあらゆる物を数式で表せると分かってから面白くなりました。計算自体は今も不得意で暗算を間違えたりするんですけどね…。

大学では何を学びましたか?

最勝寺:地域の自然環境と人の暮らしの関わり方などについて学びました。生物・化学・物理・地学・考古学などの分野にとらわれず、自分の関心が高かった地域の環境をテーマに幅広く学べるので、興味深い講義ばかりでした。第一志望ではなかったのですが、偏差値や知名度だけを考えず、自分の学びたい内容で学ぶ場を選んで正解だったと思います。
地方の国立大学だったので、奨学金で学費を賄い、生活費をバイト代で工面する学生が多く、勉強できる体力と時間があることがどれだけ恵まれているか、考えさせられました。一度生まれ育った神奈川を出て、首都圏や都会から離れて暮らしてみるということも、とても大事な経験だったと思います。

大学卒業後はどんなお仕事に就きましたか?

最勝寺:タウンニュースの秦野編集室で6年間記者をしました。取材や写真撮影、紙面の編集だけでなく、広告の営業など、いろんなことをやらせて頂きました。ひとつの街で毎日いろいろな人と会ってお話を聞くことで、多様な考え方や立場、世の中の仕組みについて肌で体感できたことも良い経験になったと思います。会ったことのない人に電話でアポを取って話を伺いに行くことや、疑問点が解決するまで多方面に当たってみることなど、タウンニュースの先輩方から教わった取材のノウハウは、『しらすどん』を作る上でも役立ちました。今もお仕事で出会った秦野の人たちが「絵本、読んだよ」とお声かけくださり、応援してくださる方もいて、とても感謝しています。

絵本作家になったきっかけは何でしたか?

最勝寺:いつか絵本や児童書を執筆したいと思って学生時代からたくさんアイデアを書き溜めてきたのですが、童話コンクールに出してもなかなか引っかからず、入賞できた時も出版には結びつきませんでした。そんな中、仕事で取材した自然観察教室で絵本作家の先生と出会いました。5年間、その先生のお教室に通い、絵本の取材の一貫である生物調査にも何度か同行させて頂きながら、人に伝えることを意識して絵を描くことや創作の姿勢を学ばせて頂いたように思います。『しらすどん』は、その先生と仕事をしていた編集さんに原稿を見て頂いたことで出版の話に繋がりました。今思うと、恥ずかしくても自分の夢や目標を口にしてきたことで、周囲の人が気にかけてくださり、機会が得られたのではないかと思います。

こうして出版されたことをどう思いますか?

最勝寺:思っていたよりもたくさんの方が自分の絵本を読んでくださって、本当にありがたいです。出版まで導いてくださった先生や担当編集さん、印刷が難しい海の色を再現してくれた印刷会社さん、取材させて頂いたシラス漁師さん、ダイビングのインストラクターさんやダイバーの先輩方、見学させて頂いたゴミ処理施設の職員さん、疑問点に答えてくださった研究者の方々、作画のためにスケッチをさせてくれた子どもたちや友人たち、応援してくださっている本屋さんなど、協力してくださった皆さんのおかげです。

たくさんの人に取材をして作った絵本なんですね。

最勝寺: シラスがどんな風に生きてきて、残された食べ物を私たちがどう扱っているのかということは現実のことなので、図鑑や本で理解を深めたあと、現場の人や専門家の人に話を聞きました。水族館に通ったり釜揚げシラスを顕微鏡で観察したりして、誠実に描くことを心掛けていったら、どんどん写実的になっていきました。

確かに、シラスの一匹一匹もすごく細かいですよね。画材は何を使っていますか?

最勝寺:アクリル絵の具です。『しらすどん』のために初めて使いました。普段は水彩絵の具や色鉛筆、油絵の具、木炭、パステルなどいろんな画材を使っています。

好きな画家や作家さんはいますか?

最勝寺:尊敬している絵本作家さん、画家さんや作家さんはたくさんいらっしゃいます。小田原市の図書館には、版画家・洋画家の吉田博さんの水彩画の本があって、よく見ていました。明治時代の風景画は、他の方の作品も魅かれるものが多いです。

多くの分野を好きになったことも実を結んだ要因のように思われますが?

最勝寺:大学に入るまで、私は何か一つのことだけを選んで突き詰めることができなくて、自分が何を一番好きでこれから何をしたいのかよくわかりませんでした。でも、特別得意なことがないからこそ、そのとき好奇心が湧いたものを気の済むまでやってみるようになりました。無理して真面目に分野全部を習得しようとするのではなくて、興味のあるところから、まずは興味のあるところだけ勉強していく方が自分には合っているし、学びを楽しむ気持ちを大切にできると思います。

今後やってみたいことや、目標などはありますか?

最勝寺:まずは制作中の2作目を完成させることです。読者が能動的に想像をめぐらせられるような余白の多い絵本を作ることが今の目標です。

最後に中高生に向けてメッセージをお願いします。

最勝寺:今はコロナ禍であまり遠くへは出かけにくいですが、例えば学区内でもいつもと違う道を選んだり、普段自転車で通り過ぎる所をゆっくり歩いてみたりするだけで、新たな発見があったり、興味の湧く何かを見つけられるかもしれません。将来のことや自分のことで悩んだ時は、あまり話したことのない人に話しかけてみたり、図書館で馴染みのない本棚の本を借りてみたりすると刺激をもらえると思います。そんなときに選んでもらえるような本を私もこれから書いていきたいです。


 ■著作『しらすどん』(岩崎書店)の小田原市立図書館の在庫を確認する
プロフィール

最勝寺朋子(さいじょうじともこ)
小田原市在住絵本作家。
鳥取大学地域学部地域環境学科を卒業後、タウン誌の記者に。第31回「日産童話と絵本のグランプリ」童話の部で佳作(団栗朝子名義)。川や海でのごみ拾いを通して海洋プラスチック問題を考える市民グループのリーダーとしても活躍中。